ABOUT

武蔵屋総本店は大正十三年に九州・中津で創業した和菓子店です。 中津は山国川の清流が周防灘に注ぐ河口にあり、遠浅な浜辺がつづく 闇無浜(くらなしはま)は、古くから「風光の美は、三保・高砂の松原 にも譲らず」と云われ、万葉集の歌にも詠まれた名勝地でもありました。 初代店主・一木武十郎は、中津にふさわしい銘果を作ろうと度々この浜を 訪れ、あるとき、浜で採れる蛤と、海岸を優雅に飛ぶ千鳥の群をヒントに 「蛤志る古」を考案します。熱湯を注げば即座に風味豊かな「おしるこ」 が出来あがり、中から紅白の千鳥が可憐に浮かびあがります。 以来、八十余年、こだわりぬいて作りあげた自家製の最中種と乾燥餡を 守り、独自の技術と良質の原料にて一貫生産しています。 初代の菓子作りに対する情熱を代々継承していきたいと、味と質を大切 に、あえて手間暇かけた菓子作りを続けています。 地域の皆さまに愛される店作りを目ざしております。